2020/09/28断熱材施工  飯沼

  • 断熱材施工  飯沼

断熱材施工  飯沼

いつもお世話になっております。工務部の飯沼です。

朝晩の肌寒さを感じる今日この頃ですが、秋の気配を日に日に増して

季節の変わりゆく速さに感銘しています。

 

先日、着工中の新築現場にて断熱工事の施工を行いました。

床の断熱材は、大工さんが床板材を貼る際入れますので、

壁と屋根裏に専門業者により施工します。

 

断熱材は現場発泡断熱材を採用させて頂いており、壁は外部に透湿防

水シートを張り、吹き付けます。透湿防水シートは455㎜間隔で木材

を打ち、外壁材とシートとの通気層を確保します。

 

屋根も通気層を確保した上で直接吹き付けます。どちらも規定の厚み

を確保するように施工し、はみ出し部分はカットして整えます。

断熱材は見えなくなってしまう所ですが、お家にとってとても大切な

部位だと思います。しっかり充填する事により断熱効果はもとより、

隙間をなるべく小さく、少なくする事により気密の良い状態になりま

す。

 

また、断熱材に湿気が溜まらないように配慮した工事を行い、

効果が持続する構造になっております。

見える部分ももちろん大切ですが、見えないところをしっかりやる事

が重要だと思います。

モデルハウスも予約制ですが公開しておりますので、よろしく

お願い致します。