2019/09/28木の魅力      上原

こんにちは、 設計の上原です。

季節は、秋になって、稲刈りも始まっております。

とても良い時期ですね。

ここ最近の私の興味といえば、木材でしょうか。

設計に携わって、はや、うん十年。

ここ最近の住宅の多くは、性能等もあり、ムク材を使う機会が、減ってきているなあと、感じるこの頃です。

木といっても様々な種類があり、種類によって、表情が違い、

家の感じが変わります。

塗装する前と後でも、その表情は変化しますから、見ていて面白いです。

 

また、古い家にお住まいの方などは、家を支えている、様々な木材があり、

いい感じに黒くなっていたりします。 味わいといいますか。

たまたま、機会があり、古材をあらためて製材したものを拝見しましたが、

製材する前は、真っ黒だった木が、それは、ケヤキだったのですが、製材後見てみると、とてもきれいな木目が、顔を出しました。

しみじみ、なんて美しいのだろうと。感動すら覚えたものです。

年月を重ねたからこそ、出る味わいもあるのだなと思いました。

 

古い家にお住まいの方は、建替える際、古い家に使われていた、大黒柱などを、新しい家に違う形で使ってみるのも、ありかもしれません。

また、新しい家を建てる方は、一部屋だけでも、ムク材のフローリングを使ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

木材といえば、まもなくオープンする、テクノストラクチャーのモデルハウスは、外壁が、一部板張りとなっております。 

内装にも少し木を感じるところを設けております。

先日は、荷物も運びいれ、まもなく外構工事も始まる予定です。

いましばらく、お待ち下さいませ。

 

それでは、また。        上原でした。