2019/04/04平成から令和へ 清澤

こんにちは、設計部の清澤です。

朝晩の冷え込みはまだまだ続いていますが、日中の陽気は暖かさを増し

やっと春めいてきましたね。

 

新元号の発表後、それにまつわる様々な事柄が取り上げられています。

今回出典もとになっている日本最古の和歌集である万葉集は、様々な

身分の人々が詠んだ歌を4500首以上集めたもので、7世紀後半から8世

紀後半にかけ編まれたものだそうです。

その万葉集が一躍注目を集めているそうです。

各地の資料館は来館者も急増し、本屋さんでは本を買い求める方が増え

ているのだとか。

もし違う元号になっていたら、脚光を浴びることもなかったかもしれません。

せっかくですから、これを機に古典にふれ、古に想いを馳せてみるのも

良いかもしれません。

 

新元号は早々に決まりましたが、実際「令和」になるのは5月1日から

です。

どんな時代になるのでしょうか?

テクノロジーは更に進化し、スマート家電は当たり前、更に自動車は自動

運転にと、AIが活躍するドラえもんの世界が現実になるかもしれません。

医療分野ではPS細胞が実用化され、あらゆる病気を治してくれると良い

ですね。

是非、明るい未来になって欲しいものです。

「令和」の時代が平和でありますよう強く願います。